ペットの代表格でもある犬を飼っている家庭も多いですが、普段の食事だけでは栄養が不足しているのではないかと心配する飼い主もいるでしょう。基本的には総合栄養食と書いてあるフードだけでも十分なのですが、健康状態に応じて与えてあげるのも有効です。サプリメントとしては2種類あり、マルチビタミンやミネラルというようにベーシックなタイプと、目的や機能別に与えるターゲットタイプがあります。栄養補助食品ですから、病気や体調を治すというのではなく、予防的に利用していく事が目的となります。彼らは人間と体の大きさも違いますし、必要な栄養素も変わってきます。与えすぎると過剰摂取で弊害が出る事もあるので、不安な時にはショップやかかりつけの病院と相談しながら選びましょう。

購入前にはどんなものがあるのかよく見ておこう

何となく元気がない、いつもと違うと思って犬のためにサプリメントを探したりする事もあると思いますが、すぐに購入して与えるのではなく、パッケージなどもよく見ておきましょう。形も多様で、タブレットやペースト、顆粒状、ジャーキーなどがありますので、いつもの食事の仕方や体調に合わせて選んでいきましょう。液体状のものもありますので、普段の飲み水と一緒に与えたりする事もできます。また、よく見ると天然や合成と書いてある事もあります。天然成分の方が体内での吸収は良いので、購入する前には値段だけにとらわれず原材料もチェックしておきましょう。健康の維持は日々の食事がとても重要ですから、フードだけでは不足しているように感じたら、体調なども考えつつ準備していきましょう。

使用前後に注意しておきたいポイント

大切な愛犬に元気でいて欲しいからサプリメントを与えるわけですが、過剰摂取以外にも気をつけておきたいことがあります。もしも既に何らかの既往症があって服薬している時は、その薬と与える成分と飲み合わせが悪い時もあるので、必ず相談してから利用を決めましょう。食品のアレルギーがあるときにも、パッケージや原材料を確認してから与えるようにして下さい。利用ができる場合には、一日の上限を守り、しっかりと品質が保たれるように保存をするようにして下さい。栄養補助のための食品なので、容器に移し替えたりするときは賞味期限も見ておいて、その期間内に使い切ることが大切です。ペットの健康づくりの一環として、体に合うものを用意して継続していく事で調子も整っていくようになります。