愛犬がサプリメントを飲んでくれない時の対処法

可愛いペットにはいつまでも健康でいてもらいたいところです。特に高齢犬になってくると、関節などに異常が生じやすくなってきます。健康な状態を長く保つためには、栄養をきちんと取っていく必要があります。そのため、年齢に応じて必要な栄養素などを効率的に摂るためにサプリメントをあげようとしている方も多いことでしょう。しかし、お薬が嫌いなワンちゃんも多く、飲ませるのは容易なことではありません。せっかく与えても吐き出してしまったり、口すらつけないこともしばしばです。それでも体のためにどうしても飲ませたいという場合は、工夫していく必要があります。かわいいワンちゃんにこれからも健康でいてもらえるように、必要なものをきちんと飲ませていける工夫を考えていきましょう。

美味しいもので囲んでしまうと食べてくれることも

錠剤やカプセルのサプリメントなどは、形がはっきりしているために嫌われてしまいがちです。しかし、臭いは出にくいので、見た目が怪しくなければすんなり食べてくれることもあります。犬の好きなおやつや食べ物で錠剤の周りを囲んでしまうようにすると、わからないまま食べてくれることも多いです。少し粘り気のある柔らかいフードで周りを囲んでしまうのもよいでしょう。余りに柔らかすぎるものだと中の錠剤が見えてしまったり、外しやすくなってしまうので、程よい硬さのものを選んでみましょう。完全に埋め込めるものなら何でも構いません。硬めの食材は途中で錠剤などが落ちて外れてしまうことがあるので、柔らかい食材に埋め込んでしまうのがコツです。楽しい雰囲気を作って食べさせてあげましょう。

怖がらせないで食べさせてしまうのがポイント

いつもお薬を嫌がり、サプリメントも食べてくれないような犬に対して与えようとするときに、飼い主さんが意識しすぎてしまうとそれがワンちゃんにも伝わってしまいます。そうするとワンちゃんも怖がって食べてくれなくなるという事もあるのです。できるだけ怖がらせないように、楽しい雰囲気を出しながら美味しいおやつを食べるという感じで与えてみてください。たのしい、おいしい、ということが分かると、だんだん積極的に食べてくれるようになってきます。スムーズに食べてくれるように、飼い主さんもちょっと落ち着いてみましょう。また、時間をかけてしまうとワンちゃんはじっくり臭いを嗅いでしまったり、見た目でいつもと違うと判断してしまう事もあります。できるだけスピーディーに食べさせてしまうのもコツです。