愛犬の体調に合わせて選びたいサプリメント

愛犬も体調不良を引き起こしたりする可能性もあり、何時かは衰えます。常に健康のバランスを保ちながらアンチエイジングが出来れば、長生きする可能性が増します。人間にビタミンという有機物質やミネラル(必須金属)が必要な様に、ペットにもそれらの栄養素は必要です。ペット用食品に必須な栄養素を配合している企業は存在しますが、ペット用のサプリメントを販売する所も現れてきています。錠剤タイプの物もあればパウダー状で食事に混ぜる製品もあります。体調に合わせて使い分けていく事も重要ですが、体調不良の時には特にパウダー状の物を与える事に適しています。ペットの具合が悪い場合、カプセルや錠剤を噛み砕けない場合はありますから、なるべく摂取しやすい食品を食べさせる様に工夫していくと元気を取り戻させる事が出来ます。

カプセルのサプリメントを噛ませるか、そのまま飲ませる

愛犬の体調管理にビタミン剤を与えるのも一つの手段となります。ペットにマルチビタミンやミネラルを与えれば、身体の調子も良くなり、体毛のツヤや顔付きが向上していきます。コエンザイムQ10(補酵素)を与えると老化が遅くなり、アンチエイジングに作用するメリットは強みです。愛犬が日頃からビタミンといった栄養素を補給すると病気にかかりにくくなります。カプセルタイプのサプリメントをそのまま与えて、噛み砕かせるか、飲ませるのも良いですが、ペット用食品の中に入れて自然に食べさせるのも一つのやり方です。ペットの具合が悪くなってしまった場合、もしくは元気が無い時は、マルチビタミンやミネラル配合の健康食品を与えると、免疫力や三半規管、新陳代謝が活性化して元気を取り戻しやすくなります。

パウダー状の健康食品のメリット、使いやすい

パウダー状のペット用健康食品は使いやすく、与えやすいメリットがあります。カプセルタイプのサプリメントは場合によっては食べない可能性はあり、食欲が落ちている時は拒否する可能性が問題点になります。しかし、パウダー状の健康食品は味付けもしてありますから、比較的、与えやすいです。食欲が完全に落ちている状態の時には特に機能します。口を開けさせて下に振りかけるか、手の平にのせて舐めさせるか、やり方は幾つかあります。味はビーフエキスや鰹節粉末を配合したパウダー状サプリは、愛犬が好んで口にしようとしますから、匂いは重要です。サプリと言うとカプセルや錠剤と思われがちですが、実際はチュアブルタイプの物やパウダー状の健康食品、飴玉やおやつに近いサプリも存在します。食べやすくて栄養がある製品がペットに適しています。