犬用サプリメントの選び方まとめ

犬というのは、人間よりも加齢のスピードが速い生き物です。そのため、病気になる前からきちんとサプリメントを摂取することで、病気の予防にもつながり、健康寿命をのばすことができます。最近は、ペットフードも栄養豊富なものが増えてきていますが、ペットフードだけでは慢性的に不足してしまう栄養素もあります。そういった場合には、サプリメントで補うことで、体に必要な栄養素を摂取することができます。ただ、気をつけないといけないことは、あれもこれもと一緒に与えてしまうと、過剰摂取につながってしまう場合もありますから、食事では足りない分を補うという目的で選ぶことが大切です。そのほかにも、犬の年齢や種類、生活環境などによっても、必要な栄養素などに違いがありますから、必要かどうかをしっかりと見極める必要があります。

与える時には過剰摂取に注意が必要

サプリメントは、医薬品ではなく、栄養補助食品ですから、特に量などは決まっていません。ただ、気をつけないといけないことは、あくまでも健康を維持するために、不足しがちな栄養素を補うことが目的ですから、過剰摂取させることはNGです。中には、過剰に摂取しても体外へと排出するものもありますが、成分によっては体内に蓄積されてしまうものもありますから、本当に体が必要としているものを選ぶことが大切です。また、持病をかかえているような愛犬の場合には、飼い主の判断で飲ませるのではなく、必ず動物病院を受診して獣医師に相談することが大切です。薬を処方されている場合は、摂取してはいけない栄養素などもあり、病気を悪化させてしまうことにもつながりますから、十分注意しましょう。

栄養補助食品には自然治癒力を高める効果がある

サプリメントは医薬品ではなく、健康補助食品ですから、自然治癒力を高めていく効果が期待できます。ペットに必要かどうか疑問に思っている人も多いかもしれませんが、健康寿命をいかにのばすかを考えた場合には、効果的といえます。以前に比べると、犬の平均寿命も長くなり、健康で長生きしてもらいたいという飼い主も増えています。ドッグフードにもさまざまな栄養素が含まれていますが、それだけでは足りない栄養素や、運動やストレスなどによっても、健康を害する要素はたくさんあります。ペットに必要な栄養素を補うことで、病気を予防したりすることができます。特に、高齢になると、白内障や緑内障になるリスクも高くなってしまいますから、あらかじめ摂取しておくことで、予防にもつながります。